先物取引

先物取引というのはあまりイメージを持たない印象がありますよね。先物取引で大損をしてしまって破産した人が登場するという話がたまにニュースなどで流れたりテレビでやっていたりします。

よくギャンブルのイメージで一世一代の賭けみたいな扱われ方もするかもしれませんが、その理由としては先物取引が信用取引であることに由来するためです。

では信用取引というものはどういったものかと言うと取引の約束の際に必要なのは代金の数パーセントというごくわずかな保証金だけです。

このレバレッジ効果により少額資金で大きな利益を得ることができます。簡単に言うとまさにハイリスクハイリターンと言うことなのです。これはFXと同じことが言えます。初心者の人はすぐに手を出さずに出すときはそれなりの覚悟を持って臨んでほしいと思います。

ではこの先物取引というものですが、将来の決まった期日に今の時点で取り決めた価格で特定の商品を取引する契約です。主に大豆やトウモロコシなどの肥料に関するものというイメージが強いかもしれませんが、石油や金、国債まで幅広く扱っております。

たとえば4ヶ月後に大豆を100万円で売りますと約束したとしましょう。3カ月までは値上がりを続けて1万円につき50円の利益が付きました。しかし、そのあとは一気に加工して約束した月には半値になってしまったとします。しかし、それでも約束した100万円を支払うことになります。

本来であれば半分の値段で買えたのに倍の数字を払わなければいけないということになるのです。これが先物取引です。

もちろんメリットも同じように働くのでハイリターンも狙える投資法と言っていいでしょう。

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★初心者向け優良サイト★