外貨預金

外貨預金というのはアメリカドルやユーロといった円以外での外貨で資産を運用することを言います。世界の通貨には為替相場というものがあり、日々お金の価値と言うのはリアルタイムで変動して言っているのです。

たとえば1ドル100円の時に100万円をドル建てで預け入れると1万ドルになりますよね。それを1ドル110円の時に引き出せば110万円になります。当然手数料と言うものがかかってきますが、それでもお金が変動することを予測して投資をするのが外貨預金と言われるものです。

もちろん円高になればその分お金を減らしてしまうこともありますので気をつけましょう。外貨投資には他にも外貨MMFや外国投信など様々な運用商品があります。

これらには金融商品としてのリスクの他に、為替リスクと言うものが存在している点にも注意が必要です。基本的には円高の時に預け入れて円安の時に引き出すというのが鉄則ですので基本的に円高と言われているときにバンバン預けてしまいましょう。

そして円高になってインフレが続いたとしても必ずデフレとインフレの波が出てきます。ですから円安になるのを見極めて預金を預けましょう。今の現状日本がどうなっているのかは常にチェックしましょう。

また外貨建てMMFというのは外国投信の一種で対象通貨の高額付け債券や短期預金商品を中心に運用されていて元本の案税制は高いと言われていますが、為替リスクも見ておかなければいけませんの注意は必要です。

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★初心者向け優良サイト★