外国株式

海外にはグローバルに展開する優良企業や成長著しい話題の企業などが存在しております。日本でも一気に成長した会社などがありますよね。

ですから日本でいう話題性のある企業が海外に目を向けるとよりたくさんの会社が存在していますよね。こうした企業に対して直接投資を行うことができるのです。

株式のみならず債券、投信と言った外貨建ての金融商品には様々な種類が存在しているのです。

基本的には投資の方法や仕組みというのは同じですが、海外への外国株式投資というのには為替レートの変動がありますので掛け算のリスクが存在します。

これは外国投資信託でも説明しました。改めてここでも説明していきます。

1ドル100円の際に外国株を1万ドル購入します。資金は100万円でそのあとに株式が2割下落して8千ドルに為替レートは2割円高になって1ドル80円になりました。このときの円換算金額は80円×8千ドルで64万円になります。

掛け算というのは思った以上に変動が高いので為替レートを見ながら計算をしていかないと大変です。株の価値が上がったと思って売りに出したら為替レートが下がっていてマイナスに転じてしまったというのはありますから注意は必要です。

リスクヘッジはやはり一つの国だけに投資をするのではなくて日本と海外一つと言った感じで分散させておくのも一つの手でしょう。

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★初心者向け優良サイト★