外国債券

外国債券というのは日本の国債の外国版と言った感じで外国政府や外国企業、他には国際機関などが発行する債券にたいして投資を行うというやり方です。

海外には日本よりも市場金利が高い水準の国々が存在しているためこれらの国に投資を行うことで高金利を狙っていくものでもあります。

この外国債券を初めてとして外国の株式、投資信託などには様々な種類が存在しているのです。株式や債券の価値が上下するというのは国内と同じですが、為替レートの変動によるリスクも気をつけるようにしましょう。

1ドル100円の際に外国株を1万ドル購入します。資金は100万円でそのあとに株式が2割下落して8千ドルに為替レートは2割円高になって1ドル80円になりました。このときの円換算金額は80円×8千ドルで64万円になります。

これが逆に円換算金額のときに1ドル110円となって株式も1割上昇となったら円換算金額は110×1万1千ドルで121万円になるということです。

掛け算のリスクは常に頭の中に入れておかないといけません。為替レートを見てしっかりと判断するようにしましょう。

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★初心者向け優良サイト★