国内債券

国内債券というのは国や地方公共団体、企業が資金を集めるために発行する証券です。これって株式とどこが違うの?って思われるかもしれませんが、この国内債券というのはいつまでに返しますよという満期日を決めたり利子はいくらですと約束するところは株式というよりもどちらかと言えば借用証書に近いと言っていいでしょう。

借金と違うところは貸し手が急にお金が必要になったからと言って期限よりも前に返してもらうことはできませんが債券は満期日まで待つことなくマーケット上で売買できるので流動性と安全性があるので収益性も高いのが債券のメリットと言えるでしょう。

特に日本の国債に限ると安全性は抜群に高いです。ただし、定期預金よりもある程度高い程度の利率しかないので得られるメリットが高いとは言えません。

もちろん莫大な資産を持っていてそれを国債で当てて利益を得るということができるのであれば話は別かもしれませんが、そういった人はあまりいないでしょう。

またインフレ傾向になれば価値が大きく下がってしまうので目減りしてしまうというインフレリスクにも必要です。たとえば昔の100円の価値と今の100円の価値は違いますよね。インフレ傾向になるとお金の価値も下がってしまうのです。

安全性の高い投資を行いたいという人は国内債券がお勧めできると言えます。

また国以外にも企業が出す債券で事業債と呼ばれるものや民間の株式が発行する社債と呼ばれるもの、特定の組合や公団などが発行するものは政府保証債などがあり種類も色々とあります。

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★初心者向け優良サイト★