ペイアウト変動タイプ

別のページでペイアウト固定タイプを紹介しましたが、ここでは逆のパターンの変動タイプについて紹介していきたいと思います。

変動と聞くと予想に反してちゃんとしたリターンが得られないのではないかと不安に思ったりいちいち研さんしなくてはいけないので面倒と感じるかもしれませんが、難しい話ではないのです。そもそも最大ペイアウト倍率(勝った時の払い戻しのこと)というのは決まっています。

エンド時間前に販売終了時間が決まっていますが、スタートした後でも購入が可能となっております。

最初はほぼ最大のペイアウト倍率で設定されていますが、徐々に設定価格に近付いたり残り時間によって倍率が低下する仕組みです。

ペイアウト固定タイプと比べるとどうしても変動するというのは複雑になってしまいます。

例えば商品券の価格が100円で購入した際に200円になったときに決算すれば100円の利益になりますが、170円で決済すれば70円の利益になりますので見極めが大変ですよね。

しかし、変動タイプなので200円のものが最大変動の設定が1000円として900円で売れば800円の利益になるというわけです。当然そもそも外れれば購入金額は没収されてしまいます。

はじめは固定タイプで初めて慣れてきたら変動タイプにやってみればいいですし、やるかやらないかは決めればいいと思いますが、変動タイプと固定タイプというのは会社によって違うということを覚えておきましょう。

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★初心者向け優良サイト★